SUNIN+

山陰の生の情報を伝えもっと山陰を楽しくする情報サイト

ノドグロの一夜干しが旨すぎるんだが【島根県産】

f:id:morimo775:20181001225417j:plain


やっほーもりもです。

今回は島根県の特産物「ノドグロ」に関する記事です。

「ノドグロ」は。あの有名テニスプレイヤー錦織圭が大好物だと公言しているほどの美食品です。


錦織圭さんが、日本に戻った際に最も食べたい食べ物としてノドグロを上げたことはあまりに有名ですよね?


ということで今回はノドグロの一夜干しを買って焼いて食べてみたら旨すぎたので記事にしました。


それでは行ってまいりましょう!!

ノドグロとは?

ノドグロとは島根県で大人気の高級魚です。
テニスの錦織圭選手が大絶賛したことで有名になりました。

東京などの関東で食べると高級魚ですが島根県だとリーズナブルな価格で楽しむことができます。

市場魚貝類図鑑によると

標準和名よりも日本海での呼び名「のどくろ」と呼ばれることが多い。超高級魚のひとつ。日本海や千葉県以西の太平洋側でとれるもの。
赤い魚の高級魚として東北以北の太平洋側でとれるキチジ(キンキ)と対比されている。
生、近海、釣りものとなるとキロあたり1万円を超えることは普通。底曳き網でとったものを干物にしたものはスーパーなどにも並ぶが、これも高価なものだ。
養殖されていないのも魅力。

アカムツ (ノドグロ) | 市場魚貝類図鑑]より

ということです。

東京のスーパーだと1キロ2万円以上もすることがあるくらいの高級魚らしいですね。

今回買ったノドグロの一夜干し

今回購入したノドグロの一夜干しは、有限会社ヤマサ食品のノドグロの一夜干しです。

himono1ba.com


こちらのサイトで見るとやはりそこそこのお値段がしますが・・・

島根県内で買うと・・・こちらは一匹で450円という破格の値段購入できました。



やばくないですか??



f:id:morimo775:20181001225417j:plain



このサイズ感でこのお値段。


正直島根じゃなかったら考えられないですね



ノドグロの一夜干しの美味しい焼き方


こちらの商品を買ったときにきちんと調理の説明書もついていしました。


一人暮らしの男は魚を焼く経験なんて基本皆無なんでこれは非常にありがたいですね。



f:id:morimo775:20181001225536j:plain



曰く、魚を焼くには炭火焼きが一番おいしいらしい。


うーん。


確かに炭火焼きの方が美味しいだろうなぁ。


でも炭火焼きはひじょーーーーーにメンドクサイ。


ということで今回は、フライパンでサクッと焼くことにしました。



フライパンで焼く際の注意点としては、皮面から焼いて、身の面はサクッとしあげること


らしいです。


昆布汁をかけながら焼くとなおさら上手に焼けるようです。


なるほどなるほど。


ということで指示通り焼きます。




f:id:morimo775:20181001225549j:plain




出来上がり!!


うーん最高にうまそうです。

よだれが止まりませんね。

ノドグロを実食旨すぎる


f:id:morimo775:20181001225641j:plain


ということで耐えきれないのでさっそく実食です。

身はホロホロで、柔らかくふっくらとしてます。

はしでもかるーくとれます。




f:id:morimo775:20181001225601j:plain


ヒトクチほおばると・・・


やばい!!脂がしっかり乗っていてシュージーで、それでいてしつこくない絶妙な匙加減です。



なんだこれ!!旨すぎるやろがい!!


こんなにうまい魚は正直はじめて食べました。


これは錦織圭が大絶賛するだけはありますね。

まとめ


島根県を代表する高級魚「ノドグロ」の一夜干しを紹介しました。

関東とかで購入すると高いお魚ですが、島根県で食べると比較的安価で食べることができます。


みなさんも島根県に訪れた際には是非食べてみてください。 

また干物なら日持ちもしますので、お土産にもたくさんかってかえってくださいね。


まじでうまいんで絶対たべてみてくださいね!


それでは!!